FC2ブログ
北海道は蘭越町、山の中の農園の様子をお伝えします。 ほっとする、北の風の音、聞こえますか??
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
芽 ぐれないでね
夜の間にけっこう雪が降ったようで、
起きると木にびっしりと雪が。
小さな小枝にまで残さず律儀に積もっていました。

そんな今日も、ハウスの中はややあたたかい。
育苗のマットの上で、むくむくとかわいい芽が成長。

こちら、ピーマン「セニョリータ」の芽。
セニョリータの芽

茄子の芽も撮ったのですが、ぼけてたので、また明日。

セニョリータと茄子はもうそろそろ植え変えの時期みたい。
成長したのに、小さなポットに入れたまま植え替えないと、
植物はぐれるらしい。
人間だってその後の成長に幼少期の体験は
大きな影を落とすといいますが、野菜もそうらしいです。
よしよし、ちゃんといい子に育っておくれよ。

実は、少し不調なのが・・・アイコの芽。

にょ?ん。

アイコの芽


芽が出て2日。
まだ小さいのは当たり前なのですが、
茎がにょ?ん、と伸びてます。
これ、駄目らしいです。

こんな感じの芽のこと、お父さんは「もやし」と呼んでます。

種を土に埋めて、芽が出るまでは、光は禁物!
でも、芽が出たら、ちゃんと光を当てる。
育苗とはそういうものらしいんですが、
この子、芽が出てから光を当てるまでにちょっと時間がたったみたい。
すると、光を当てずに育てるもやしみたいに、にょ?んと細長く、
茎が伸びてしまって、弱くなっちゃうらしいです。

写真を撮ろうとしたら、
「こんな、情けない芽撮らないでよ」といわれたんですが・・・
まあ、こうなってるのは5パーセントくらい!
「あんなにへなへなでちっさかったのに、こんなに立派に成長して!」
と、数ヶ月後に言っていただけるように、載せます。
覚えててくださいね?。このへなへな。
アイコの芽

へなへな、という以前にボケてますが。

それでは、今日の労働の成果。
これだけの丸太、はこびました。

丸太の山


むん。筋肉ついたかな。むきむき。





スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© アグ・デ・パンケ農園 山の時間、川の声. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。