北海道は蘭越町、山の中の農園の様子をお伝えします。 ほっとする、北の風の音、聞こえますか??
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
ありがとう!!オーリー、めぐちゃん
5月中旬から半年 農業体験に2人の若者が来ていた。
今日 旅立って行った
テレビの「ウルルン」や「田舎で泊まる」と同じ様に
駅で泣いてしまった。

本当に助かった!
楽しかった!
元気を沢山もらった!
とんでもなく良い子達だった
ものすごく、人の2倍、3倍働く子達だった

国立ファーム(東京・国立市)でアグ・デ・パンケ農園を知り体験にやってきた
はじめての事で私たちも不安で
「どうせすぐに帰るのかな」
「一か月ぐらいで・・・」
と最初は当てにしない様にと思っていたのだけれど
いやあ?
彼らと会えて良かった
来年は「来ない」と言っているが
来てほしい!!

種まき、
管理作業、
草取り
収穫、
発送、
露天商の販売、
食品加工、
DMの発送
町内会の行事(草刈り、お祭り、用水路の改修等)
その他沢山
いろいろな作業をてきぱきとこなしてくれた

こんなに沢山の作業があるとは思わなかったらしい
まして11月末でも走り回るほど仕事があることに驚いていた。
でもすごい経験したと思うな!

一番彼らが喜んだのは
寛子さんの料理
「こんな料理はじめてです」
「この料理が一番です」
その言葉 何回も聞いたな
どの料理が一番なんだい

とりたての野菜も喜んでいた
朝食前のトマトの収穫
トマトを腹いっぱいにして帰ってくる
とりたての蕪 生でかじってビックリ
「甘いですね!」
彼はトマトが嫌いだったらいしい。
でも 
「ここのを食べて好きになりました」

うん
また会おう
がんばろう

スニフ





スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© アグ・デ・パンケ農園 山の時間、川の声. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。