北海道は蘭越町、山の中の農園の様子をお伝えします。 ほっとする、北の風の音、聞こえますか??
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
どっこい陸前高田は生きています!
中小企業家同友会からの最前線レポートを
パンケ農園のブログの皆様に紹介します

同友会しりべし・小樽支部 メール登録会員各位
 いつも大変お世話になっております。
>  さて、報道にも在ります通り、大震災によってあらゆる経済活動がストップし、
> 混乱状態となっておりますが、昨日、被災地となった岩手同友会の菊田事務局長
> より最前線レポートが届きましたので、お送り致します。
>
> ==================================================================
>
> 「どっこい陸前高田は生きています!」
>
> 本日、震災後初めて、最も被害の大きい陸前高田、大船渡に入ってきました。
> 救援物資のご準備、義援金など、皆様のお心遣いに心より御礼申し上げます。
>
> 現地で見た光景はテレビで見る映像とはまるで違い、想像を絶するものでした。
> 一瞬にしてがれきと化した街の姿は、未だほとんど手を付けられない状態でした。
> 2時間ほど以前の街の姿を辿りながら現地を歩きました。到底言葉では言い表せ
> ない「こんなことがあっていいのだろうか」しか言えないものでした。
>
> しかし、どっこい気仙支部は生きています。
> 避難所名簿や様々な情報網から、支部80名中52名の生存が確認されました。
> 今回現地に入って分かったことは、それぞれの企業ごとに、社員や社員の家族も
> 交えて、共に避難生活を送っている方々が多いことです。
> 電気も水もない、食料品も限られた中で、部屋を分け合い布団を分け合い、皆で
> 協力しながら生活されていました。まさに企業は生きる砦だと実感しました。
> そんな中、大船渡では驚いたことに、すでに瓦修理に歩き始めている会社や、前線
> で取材に走りまわっている地元新聞社、みんな困っているからと、靴下や肌着を電
> 気のない店舗で頑張って販売しはじめた衣類店など、すでに仕事をはじめていると
> ころが多くありました。しかもガソリンが全くないので、歩いて、自転車で。
> やっぱり同友会の底力はもの凄いです。
>
> また被害が甚大だった陸前高田では、焼け野原のような惨状であるにもかかわらず、
>
> 「1ヶ月後には業務を再開したいから、立ち上がるための資金支援の情報をつかんで
>
> おいてくれ」と、避難所でお願いされた設計会社さんもありました。
> その方は「あと5分遅れたら終わりだった」と、当日の様子を話してくださいました。
>
>
> 津波は10メートルは優に超える高さだったといいます。バリバリ、ガリガリという
> 家をなぎ倒す轟音と土煙をたてて、もの凄いスピードで迫ってきたそうです。
> 警報発令から僅か15分。「2回人生をやる気持ちだよ。でもあの日から一粒の涙も
> 出ない。心を強く太く持っているからね。」と私たちに抱きついて話してくれました。
>
>
> その目は濡れていました。
>
> 代表理事、気仙支部長の田村さんは、今日までかかり合宿生140名全員を北海道か
> ら東京まで、バスやタクシーをつないで、無事送り届けました。全員が無事とは奇跡的
> です。高田ドライビングスクールは全くの無傷です。ここに社員の多くが一緒に住み、
>
>
> 復興へ向け歩み出しています。
> また高田のある建設業では、震災当日から「道具も会社も全部なくなってしまった。で
>
> もこれから、土木インフラが需要になる。まずバイクを調達したい」と動きはじめていた
> 方もおいででした。あの惨状の中で考えられない強さです。常に前を向いています。
>
>
> 今日一日で、まだまだ数え切れないほどの話を聴いてきました。避難所でリーダーとして
> 牽引している会員もいます。お年寄りとの調整役を買って出る会員さんもいました。
>
> むしろ私たち自身が励まされ、生き抜かねばと思います。
> 全て失ってしまった。でもすでに皆、立ち上がり始めています。
> これからも被災地の最前線の姿をご紹介させていただきます。(むりのない範囲で)
>

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 一般社団法人 北海道中小企業家同友会
     し り べ し ・ 小 樽 支 部
 〒047-0031 
  北海道小樽市色内1丁目9番6号
 ?(0134)25?9191 
Fax(0134)25?0765
e-mail;otaru@hokkaido.doyu.jp
 北海道同友会HP;http://www.hokkaido.doyu.jp/
しりべし・小樽支部HP
http://www.hokkaido.doyu.jp/shiri-otaru/index.html
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© アグ・デ・パンケ農園 山の時間、川の声. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。