北海道は蘭越町、山の中の農園の様子をお伝えします。 ほっとする、北の風の音、聞こえますか??
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
北海道庁のレベルの低さ
アグ・デ・パンケ農園で
黒豆のジャム
を作っている

これを見た
北海道保健福祉部健康安全局食品安全グループ
佐治尚介専門員は
「これはあんこである」
「あんこの製造許可が必要」
と言い出した

そこで
「あんこは何?」
と聞いたら
「豆を煮たもの、知らないのですか!」
という
「法律はどうなっているの?」
と聞いたら
答えられない

人に異議を言うなら前もって
調べろ!

そして
やっと出してきたのが
餡は「小豆・・・のデンプン性の豆を・・・」加工する
という文書
私は知っていましたが

大豆はデンプン性では無いですね。蛋白質性なんですね。
そこを問いただしたら
待たす!待たす!
3週間も答えを出さない
再々再の催促で
やっと3週間

ここで出してきたのが

「さて、黒豆ジャムに関する質問について、次のとおりお答えします。
回答が遅くなり、申し訳ありません。


個別の加工食品が、どの食品群に分類されるか、その製造等にどの営業許可を要す
るかについては、その食品の原材料、製造工程、流通形態、消費形態等を総合的に
勘案して判断されます。
本件では、大豆がでん粉性であるか否かに関わらず、あんに該当し、業として製造
するにはあん類製造業の許可が必要と判断しています。
なお、国からはあん類の原料豆はでん粉性には限らないとの回答がありました。
つきましては、倶知安保健所にあん類製造業の許可を申請するようお願いします。


              (保健福祉部健康安全局食品安全グループ)」

この非論理的回答に3週間も待たせる
あきれます。
「役所が言っているのだから正しい」
「言うことを聞け」
って事かな

スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© アグ・デ・パンケ農園 山の時間、川の声. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。