北海道は蘭越町、山の中の農園の様子をお伝えします。 ほっとする、北の風の音、聞こえますか??
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
昔のニシンと今のニシンと 味が違う
昨日 中小企業家同友会水産部会で
ニシンの話を聞いてきた

昔 私達が生まれる前
ニシンが100万トンも
採れていたとき
そのときのニシンは
北海道サハリン系
それが海水温の上昇で
1950年代には
ピターと採れなくなった

今採れているのは
石狩湾系
これが
水っぽい
油がのっていない品種?らしい

年寄りが
「昔はうまかった」
というのは
もうろくジジイの思い違いでは無く
本当だったようだ

この石狩湾系で
ニシンの加工品
身欠き鰊を作っても
美味しくないらしい
身欠き鰊の原料は
ほとんどがアラスカ産
そのほうが美味いらしい

国産鰊はイメージは高いが美味くない

でもこの鰊
数の子は
良いのが出来るんだって
しかし
価格は安値安定だって

「ためになったね?」

スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© アグ・デ・パンケ農園 山の時間、川の声. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。